帽子とコスプレと私

今年も忘年会がありました。いまどき職場の忘年会は世代ギャップがあるし、不景気だしで盛り上がらないのが通例なんでしょうが、わが社の忘年会は違います。毎年、妙に盛り上がるんです。普段飲み会がほとんどないので、参加者全員が新鮮な気持ちになれるからかもしれません。雰囲気がいいのを幸いに、最近は趣向が凝らされて、年々盛り上がりが増している感じです。
今年の趣向は利きビール大会でした。酒豪の社員が参加して、世界各国のビールを当てていく遊びです。ビールの見た目でわからないよう、飲む人は目隠しをさせられます。ただの目隠しでは面白くないと、全身コスプレに着替えさせられての挑戦でした。
人気漫画のキャラクターや、映画の海賊、外国の民族衣装とあれこれあって、女性社員のナースコスプレに拍手喝采が起きつつ、グラス10杯は飲まされた優勝者は真っ赤になっていました。

次の日に、幹事に「コスプレ面白かったったよ」というと、喜んでいました。準備が大変だったそうで、衣装集めに苦労したのかと思いきや、ネット通販で帽子から靴まで簡単に買えたのだとか。いまどきは専門の通販サイトがあって、映画や漫画とまったくおなじ帽子や衣装、小道具まで揃うと言うんです。
通販だけあってお値段が安く、おかげでアタマの帽子から足元の靴まで揃って、盛り上がりに一役買ったわけです。とくに漫画キャラの麦藁帽子は細部までリアルに再現されていて、期待にしっかりこたえる通販サイトだったようです。
通販なので直接買う恥ずかしさがなかったのも、幹事としてはよかった一方、帽子にマントにひげにステッキに、終わってみると置き場がなく、いま保存場所を探しているところです。